いざというときに強い

電話

子供からお年寄りまで

固定電話は、かつては電話番号の数が不足したために、桁数を増やして利用者増に対応していた時代もありました。しかし現在では年々利用率が下がっており、今後もこの傾向は続くとみられています。その理由は携帯電話やスマートフォンの普及であることは言うまでもありません。しかし現在でも、電話回線を使った固定電話にこそ求められている役割があります。連絡を取るという第一の役割に次ぐ、信用を与えるという第二の役割です。ローンを組んだりクレジットカードを作ったりするときに、連絡先として固定電話の番号も提出できたほうが、信用度が高まります。その理由は、固定電話には設置場所という情報が必ずついてくることにあります。かつては固定電話をひくために高額な費用がかかっていたので、現在よりもさらに高い信用度がありました。今ではお手頃価格で固定電話番号を得られるのでその点では評価は落ちますが、番号に場所が結びついているという点はまだまだ相当な強みとして残っています。企業はもちろんのこと、個人で仕事をする場合には、固定電話は必須といえるでしょう。また、家庭においてもまだ必要性があります。義務教育中の子供同士が連絡を取り合う場合、使うのは圧倒的に家の電話機です。家庭の電話機を使うことで、話し方の作法も身に付きます。固定電話がないと、親の携帯電話番号を友達に知らせることになり、親と一緒にいないときに電話がかかってくると当人同士で連絡がつかない、ということになってしまいます。

Copyright© 2018 評判の良いDMMmobile【月額料金が最安値水準】 All Rights Reserved.